ベトナム人材紹介 / 通訳・翻訳 / IT・生産委託 / 進出支援 / 不動産 紹介のJVC

ベトナムとジャパンのコンサルタント株式会社
〒150-0004 東京都港区新橋1-13-12 堤ビルディング3F tel:03-6268-8638 fax:03-6206-1094

HomeAbout usServiceStaffContact

Japanese

代表あいさつ

p2 sampleimg01
TRAN ANH QUOC

チャン アン クオック
代表取締役

spacer

私はサラリーマン時代、日本とベトナム間の交流に関わる様々な業務経験の中で、両国の通商において多くの摩擦が存在することを認識していました。そして、その問題解決へ向けて、新たに独自のサービスを提供できないかと考え続けて参りました。このような経緯をもとに、新たなサービスを提供する為の具体的な構想を練り、同志を募って起業するに至りました。

現在、二国間の友好関係において、言語や文化的な違いによる価値観の差はありますが、このような文化交流や経済活動における交流など、多面的に振興が深まっています。弊社スタッフは共通の理念のもと、個々の専門性を活かし、仕事に取り組んでいます。

私が気づいたこと
日本の労働力不足の現状と、ベトナムの特に農民の貧困を見るにつけ、今後日本とベトナムが、協力関係を結べば、双方にとって役に立つプロジェクトが出来るはず、と確信しました。
日本とベトナムの人口構成を5年毎に分類すると、(人工ピラミッド2011年)日本で最も多いのは65~70歳の団塊の世代で、今後の少子化はますます進みます。一方ベトナムに於いては、(人工ピラミッド2010年による)と、約8,800万人のうち、最も多い人口は15~19歳となっており人口構成はまさに補完できる形状になっていると考えます。

 

ブログ: 日本で会社作ったベトナム人社長のブログ

 

スタッフ紹介 -日本国内-

蛇石 真司 <取締役>

  spacer

1977年07月株式会社アイディーエス企画設立、同社代表取締役社長

1990年01月取締役会長

1990年01月株式会社コンコード(モデルルーム創作、内装、ー級建築士事務所)設立、同社代表取締役社長

 

ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社の設立と業務に参加
 

 

船橋 竜祐 <常務執行役員>

  spacer

経営コンサルタント: 中小企業診断士 宅地建物取引士 法政大学経営大学院MBA

大手海外人材会社 学術出版社を経て、2016年よりジャパン ベトナム コンサルティング株式会社に参画

 <<担当業務>>

・海外人材活用コンサルティング

・ベトナム進出支援

・新規事業開発

・組織開発支援

・財務等 

青木 叡介 <顧問>

  spacer

経営コンサルタント:大手産業機械メーカー出身

 

設立後間もないアメリカ現法に出向し、16年にわたりコントローラーとし

北米地区の販売体制構築や販路開拓に従事した。

帰任後は、本社から海外販売現法の設立や運営をサポートした。

現在、BtoB中小規模企業の営業戦略や体制整備、海外ネットワーク構築をサポートしている。

ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社の設立と業務に参加

 

PHAN VU QUYNH CHI <出身:ハノイ>

  spacer

担当:ベトナム教育省と市場調査(通訳・翻訳)

 

1984年03月生まれ、2003年04月特別交換留学生として来日

東京農業大学大学院博士後期課程 国際バイオビジネス学専攻修了

ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社の設立と業務に参加

 

取得資格:日本語能力試験1級、IELTS得点6.5

 

PHAM DUC PHONG <出身:ホーチミン>

  spacer

担当:統括部(ベトナム・日本市場)

 

2006年04月来日、日本企業IT開発5年、レストラン運営管理責任者3年勤務

2014年10月 ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社 入社

 

①人材トレーニングシステム:

JVC Learning: http://learning.jv-c.co.jp/

 

②アルバイト関連システム:

・人材ネットワーク:

JVC lam them on Facebook: https://www.facebook.com/jvclamthem/?ref=bookmarks

・人材募集アプリ:

JVC lam them on the App Store: https://itunes.apple.com/us/app/jvc-lam-them/id1214606886?mt=8

JVC lam them on Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jvc&hl=en

 

 

スタッフ紹介 -ベトナム国内-

VO KIM THANH <エリア担当:ハノイ>

  spacer

担当:業務全般(相談役)/ ハノイ居住

 

1962年05月生まれ、ハノイ銀行学院大学大学院博士課程修了

ベトナム国営銀行(VIETINBANK)入社、金融室長とATM推進室長を経て、
2016年当銀退職しまして、現在は

企業向けの金融コンサルタントと新人教育担当

ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社の設立に参加と業務提携

 

DO THU MAC <エリア担当:ホーチミン>

  spacer

担当:業務全般(通訳・翻訳)/ ホーチミン居住(出身:ハノイ)

 

1983年03月生まれ、2002年04月特別交換留学生として来日

2006年04月東京農業大学大学院修士課程国際バイオビジネス学専攻終了後

NISグループ株式会社(東京本社営業部)入社

中小企業ファイナンス営業とベ トナム投資(貿易案件)及びベトナム進出支援を担当

2010年03月ベトナム現地にて、日心有限会社(生産委託、ベトナム進出コンサル タント)

を設立、同社の代表取締役就任

ジャパン ベトナム コンサルティング株式会社の設立に参加と業務提携

 

 

 

 

ホーチミン市の工業大学で、企業様向け採用面接会

2015年6月初旬、二日にわたってホーチミン市の工業大学で、企業様向け採用面接会を開催しました。

総数で132名の学生の応募がありましたが、事前の書類選考で、面接会には各大学20名、計40名の選考合格者だけが出席いたしました。

 

 

面接会の冒頭、出席した学生を前に、この企業面接会の主催者として、以下のように、JVC自身の会社説明をいたしました。


 

 

 

 

皆さん、今日は!

 

只今ご紹介いただいた、JVCの青木叡介です。JVCが、どんな会社なのか、何をやっているのか、紹介させていただきます。

JVC、ジャパンベトナムコンサルティングは、名前で見られますように、日本とベトナム両国に関わる案件をサポートする目的で、昨年8月に設立された、生まれて間もない会社です。

主たる業務は、優秀なベトナム人材を日本企業へ紹介することです。

また、この会社は、在日、即ち日本に居住するベトナム人により設立されました。日本における人材紹介会社は、日本人が設立する場合が殆どなので、ベトナム人が設立し、運営するというのは極めてユニークであると、業界でも大変注目されております。

そんな会社で、私は、アドバイザーをしています。どんなアドバイスをしているのかと説明すれば、この会社の業務の内容がより良く判るかと思いますので、私の略歴などを皆さんにお伝えします。

私自身は、機械設備等を製造販売している業界最大手の会社に、32年間在籍していました。その後10年以上、主として製造業系のベンチャー企業の支援を続けております。このため、その周辺に数多くの知人や友人がおります。

私が在籍した会社は、年商20億ドルを超える大きな企業で、ベトナム国内にも販売会社がありますが、日本国内には7万社を超えるお客さん、納入先があります。そんな納入先には、優秀なベトナム人材を紹介してほしいと言う会社が多くありますので、その橋渡し役をしているわけです。

ただここで強調しておきたいことは、私が在籍した会社の納入先や、それ以外に私自身が知っている会社のほとんどが、BtoB 企業だということです。

 

皆さん、このBtoB とか、BtoC とかいわれる用語をご存知ですか?

BtoB は、「business to business」の略ですから、企業間取引が主な業務であり、これらの企業のお客さん、納入先は、企業と言うことです。

それに反して、BtoC は、「business to consumer」の略であり、消費者相手の企業、一般消費者を相手にする企業のことです。トヨタ、日産、ホンダ、日立、パナソニック、サムソン、キャノン、ユニクロなど、毎日、毎日、テレビや新聞などで目にする会社が、BtoC 企業に当たります。

BtoC 企業は、一般消費者に販売しているわけですから、消費者が目にする媒体に広告しなければいけません。そこで我々も目にして、会社名を記憶しているわけです。

ところが、BtoB 企業の場合は、売り先は企業ですから、毎日広告や宣伝をする必要がありません。このため、我々一般大衆は目にすることがないので、名前すら聞いたことがないと言う会社がほとんどです。

今回ここにおられる企業様も、販売先は巨大企業ばかりと言う、典型的な BtoB 企業です。このため、業界では、誰一人知らない人はいないと言う超有名会社ですが、一般大衆には殆ど名前は知られておりません。

ただ、ここにおられる企業様のような BtoB 企業こそが、トヨタや日産やホンダ、日立、キャノンなどの日本企業のみならず、サムソンやボーイングなどの日本以外の企業の成長をも支えております。

日本の BtoB 企業無くしては、世界の巨大企業は成立しないと言われるほどの実力があります。そんな企業を、ベトナムの皆さんに紹介していくのが、JVCの主たる業務であると、理解して頂ければ幸いです。

以上、宜しくお願いします。

ベトナム高度人材 現地面接スケジュール(事例による標準案)

 

初回訪問

都市名場所内容対応
-15週   御社 意見交換(求める人材像) どの様な人材を求めているのか、じっくりとそのお考えをお聞きします

-14週~

-12週

  メール、電話等で検討 求める人物像(社長挨拶)、職務内容など (例)「油まみれの仕事も厭わない技術者」と条件を明記しました
給与、福利厚生制度情報 (例)年間給与総額、福利厚生制度等の明示
採用方法 (例)言語不問、試験(数学、作文など)、面接地(ベトナム、ホーチミン市)
条件面確認(別紙「募集要項」を参照下さい) 文書化して、応募者の誤解を防ぎます
-12週     御社 渡航、採用関連費用、手数料等

 

2回目訪問

都市名場所内容対応
-10週   御社 作成文書で討議のうえ、最終確認 見積書ご承認後、関連文書をベトナム語(と英語)に翻訳します

-10週

-9週

    渡航スケジュール確定 約2か月前に確定を希望します

-9週

-4週

HCM 工業系大学 学生募集依頼 ジョブフェアへの出展、横断幕の掲示、教授経由等の募集で、履歴書を入手。一次選考は、ご依頼の条件に基づき、JVCで行い、一校20~30名に厳選し、その履歴書を日本語に翻訳します。
HCM 工業系大学

 

3回目訪問

都市名場所内容対応

-8週

-2週

  御社 面接スケジュール決定 日本語に翻訳の履歴書を持参し、採用方法(試験等)をご相談します

 

面接日

都市名場所内容対応
0週 HCM 工業系大学 説明会、面接(20名) 会社説明(JVC、御社)、試験(数学、日本語)、作文、工作、面接 9時~19時、御社にて二次選考を行う
HCM 工業系大学 説明会、面接(20名)

 

最終選考

都市名場所内容対応
1週     学生の作文を日本語に翻訳 御社に提出
2週     最終選考終了 関連大学に通知

レストラン向け求人キャンペーン

 

 

ベトナム人留学生向けボタルサイト

・WebSite: http://lamthem.jv-c.co.jp/

・Facebook: JVC lam them/

ベトナム人留学生向け求人アプリ

・On App Store: iphone

・On Google Play: Android

 

採用情報を掲載する場合、別紙フォームに記入後ファクスまたはメールお願いいたします。

フォームをダウンロードはこちらです

 

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

TEL: 03-6268-8638

FAX: 03-6206-1094

ジャパンベトナムコンサルティングの求人搭載の特徴

  • 真面目な人材確保
  • 採用後のサポート
  • 成功報酬制度
  • 安心の全額返金制度

 

Step 1: お問い合わせ

お問合せください。弊社担当者よりご連絡いたします。

 

Step 2: ヒアリング

  • 日本語能力
  • 求める人物像
  • 募集要項

などを詳しくヒアリングいたします。

無料でJVCのネットに搭載いたします。

 

Step 3: 選定

  • 求職者の選定
  • ビザ関係の確認
  • 履歴書、職務経歴書

を添えてご推薦いたします。

 

Step 4: 面接

  • 面接日程
  • 求職者の都合
  • 企業様の都合

連絡業務は弊社にて行います。

 

Step 5: 内定

面接合格者への連絡業務は弊社にて行います。

 

日本企業向けベトナム進出支援 【農業領域】

 ベトナム農業 農産物
科学者
パートナー

農産物:

科学者:

a

a

a

a

ITアウトソーシングソリューション

 

クライアントの言語を話す:

  • 日本語
  • 英語
  • ベトナム語

 

競争力:

  • 高品質
  • オンタイム•デリバリー
  • 積極的なコミュニケーション/レポーティング
  • アドインコンサルタント(技術、方法論およびドメイン)

 

完全なライフサイクルシステム開発:

  • ソフトウェア要求仕様
  • 建築&詳細設計
  • コーディング
  • テスティング
  • 展開
  • メンテナンス
p4 img01

 

データベース:

  • MySQL
  • PostGreSQL
  • Oracle

 

言語/プラットフォーム/フレームワーク:

  • Joomla
  • PHP5
  • HTML5
  • Ajax
  • jQuery

 

OS:

  • Windows XP/Vista/7/8
  • Unix/Linux
  • Mac OS
  • iOS
  • Android

 

実績:

jdict

crazywords

お問い合わせフォーム

回答にはお問い合わせから2、3日程いただく場合がございますがご了承ください。
お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。
p3 txt01
【プライバシーポリシー】
当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾が無い限り第三者に開示、提供を一切いたしません。
お客様から個人情報をご提供していただき、お客様へのサービスにご利用させていただく場合がありますが、その目的以外には利用いたしません。
ご提供いただいた個人情報につきましては管理責任者を置き、適切な管理を行っております。

...

メールの送信が完了しました。

ご連絡ありがとうございます。

ご記入頂いたアドレス宛に確認メールをお送り致しましたのでご確認ください。

理念・創業の背景

技術力があり、GDP一人当たりが5万ドルに近い日本ですが、少子化で働き手が少なく困っている現状があります。
それに対して、技術力はまだ低いが、GDP一人当たりが2,300ドルのベトナムは、若い人材が多く、ハングリー精神は大勢です。

しかも、義務教育5年の成果で識字率は93.4%で、東南アジア唯一の高い可能性を秘めています。近隣のネパール、ミャンマー、カンボジアと比較すると、多くの人々が文章を読める状態で、高い識字率を示しています。

ジャパンベトナムコンサルティング株式会社では、日本とベトナムの協力を促進し、物づくりを大切にすること。
そしてそこからつながる"世界平和"へのお思いを理念として掲げています。

現在日本ではすべての産業において深刻な人材不足となっており、
ことに建設業では現場労働者が大幅に不足しています。
加えて、2020年の東京オリンピックに向けた建設ラッシュにより、
人手不足はさらに深刻化する事と予想されています。

このため、日本政府はより多くの人材を海外から呼び寄せ、
国内の労働力不足を解消するするとともに、日本の技術を海外に
伝えるために「技能実習生制度」などの改定に動いています。


現在の技能実習生の出身国の内訳は、ベトナム人が約半数を占めており、

他の在留資格を含めての国内で働くベトナム人の人数は30万人に迫る勢いで

急増しております。

一方、大量に増えたベトナム人労働者と受入企業との間のトラブルや技能実習生の失踪も

急増しており、ベトナム人技能実習生の受入企業やその監理団体における【ベトナム人労務管理】上の課題は、急増しているのが現状でもあります。

 

我々ジャパンベトナムコンサルティング株式会社は、技能実習監理団体で10年の業務経験を積んだベトナム人が創業経営者であるという独自性を生かし、ベトナム人労働者の気持ちに寄り添い、彼らへのきめ細かな労務管理支援を通して、受入企業に貢献できる人材を育てていく、管理サービスを提供しております。

そのような環境の中で成長したベトナム人材は、更に成長を続け、将来の日本法人企業のベトナム進出においても現地での日本語のわかる優秀な責任者となり、日本の現地法人の
発展とともにベトナムの産業全般の発展にも大いに貢献するものと期待できます。

弊社の貢献が日本・ベトナム間の更なる友好関係と両国相互の発展に
貢献できるものと確信しております。

 

日本とベトナム、双方を熟知した私達のサービス。

p4 img01 spacer 設立時のスタッフ7人は、日本の大学・大学院にて専門知識を学び、「日本流のビジネス」についてもその後の長期にわたる日本での生活で習得しています。
当然、母国ベトナム流のビジネスについても熟知していますので、日本~ベトナム間の良き仲介者としてお役に立てるものと思います。その上で、新たな事業を創造する挑戦意欲と社会貢献に対する強い気持ちを持って事業を運営しています。

経済面だけではない"文化と経済の交流"、そして一方的な利益に陥らない"相互利益の創造"を事業経営の理念として、日本とベトナム国間でビジネスを展開して参ります。
 

事業を通した"社会貢献"について。

p4 img02 spacer

労働者と所得について

ベトナムにおいて、都市と地方の所得格差はとても大きなものです。
来日している技能実習生のうち、約8割は地方の出身者。日本での実習により得た賃金を故郷に仕送りしています。これらの貴重な資金が農村開発と農村近代化の大きな力であり、都市と農村の格差を縮小する一助となって、ベトナム全土の経済及び社会の発展に大きく貢献しています。

今、日本の中小企業を中心として3K(きつい、汚い、危険)の仕事に関わる人材募集が困難を極めています。そこへ、ベトナムの優秀な人材を呼ぶことができれば、労働者不足の解消につながります。そこでの課題となるのが住居の問題です。


留学生への住居の支援

現状では、多くの留学生は住まい探しに困っています。 安い賃貸の住まいを上手く見つけ出すことができないためです。そこで、その援助が可能となれば、意欲のあるすべての留学生に対して、勉強や仕事に専念できる環境が整います。

取り扱いサービスの一覧はこちら